大鉢の修理ができた!

rps20150327_11301320150328sara.jpg

昨日は金継ぎ教室でした。

先月から始めた小皿は、

割れの接着と欠けをうめたところを研きました。

その後、本漆で中塗りをしました。

春が来るとこんなお皿も涼しげでいいですね。




rps20150327_10254720150328yunomi.jpg

こんなふうにパカッと割れているとびっくりしますね。

まずは器をきれいにして、本漆で接着。

爪楊枝の先で少しずつ塗り、セロテープで保持します。




rps20150327_10420920150328tyawann.jpg

伊万里の湯呑茶碗です。

真っ白な肌に芙蓉の絵がついています。

繊細なものは触るたびにどきどきします。

上手く直りますように・・・・・




rps20150328_09475620150328oozara.jpg

ちょうど一年前にお預かりした大鉢です。

蒔絵まで出来上がり、後はしばらく置くだけです。

最初は金を蒔いてみたんですが、

あまり光らない方がいいと思い、いぶし銀にしました。


預かったときはボンドで修理されていて、

まずはそれをとることから始まりました。

たいへんなこともありましたが、

いい経験をさせてもらった器です

難しかったなあ・・・・・、

大変だったなあ・・・と後から思うものは、

たぶん勉強になったんですよね。

この大鉢のことはきっと忘れないでしょう。





ここへ来て下さってありがとうございます。

人数が少なくなっていた金継ぎ教室ですが、
新しい方が増えました。
春になったからでしょうか?
何か始めたい季節なんでしょうね。
私も春だったかな?
気づけば5年目になっていました。

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメント

No title

私も昨日の午後に金継ぎ教室に行ってきましたよ♪
たまたま欠席の方が多くて、生徒はたった4人!
先生の目が行き届き過ぎて困るほどでした^^
以前に描いた線が気に入らずにやり直す方が二人も・・
それは自身の目が肥えてきたし、技術力の上がったからでしょうね(^_−)−☆
この大鉢ならいぶし銀の方があっていますね
金を蒔いた物をとるのは勇気がいりましたね^^

No title

金継ぎ教室、5年目なのですね。
何もわからない者にはびっくりです。
金継ぎって奥が深いのですね。
教材には困ることがないのですか?

AKKOさんへ

岡山教室は新しい方が多くて、
先生が走り回っていました。
昔は金色がいいのか?銀色がいいのか?、
わからなくて先輩の人たちに聞いたりしました。
いろんな意見があってよけいに迷ったものです。
自分が最初に思ったのがいいようです。
蒔絵が終わったものを剥がすのは勇気がいります。
片面だけでしたから・・・早めの決断ですね。

ikakoさんへ

細かいことが好きで根気だけはあるんです。
難しいなあと思うほどのめり込む性格なんですね。
(≧∇≦)
頼まれた器は出来上がってお渡しするとき、
喜んでもらえることがうれしいです。
家でも修理しますから教材は教室の時調達します。
先輩の方が難しい直しをしているのを、
見ることも勉強になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス