存在感のある花器

002.jpg

玄関はお月見のイメージで・・・・・

すすきやお団子に見立てたすだち、

ガラスのうさぎもあります。

大きな花器は祖父作、

何年ぶりかで飾りました。




015-a.jpg

土の質感の卵形の花器、

植物がいきいきして見えます。

十河先生の昔の作品です。




008-a.jpg

これも同じような質感の急須です。

ピンクッションが面白い・・・・・




007-a.jpg

鳥のようなストレチアがユーモラスに見えます。

土の輪っかを積み重ねて私が作りました。

白い方は釉薬が濃すぎたようです。





014-a.jpg

枯れ色が多くなる秋はシックな色合いが多いです。

それだけでも素敵ですが、

ハッとするような濃い色を合わせるとおしゃれでした。

なかでも、

茶色に青というのは好きなコーディネートです。


土の焼き物もそれだけで十分な存在感ですが、

自然の色をプラスするのもいいですね。

お互いのいいところが際立って見えました。




ここへ来て下さってありがとうございます。

2か月ぶりの教室で、
生徒さんの元気な顔に会えました。
あたりまえかもしれませんが、
元気な人のそばにいると元気になりますね。
なにかやりたくなる秋、
陶芸の体験教室の話で盛り上がりました。

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

コメント

No title

2か月ぶりのお教室
皆さんきっとお待ちかねだったでしょうね^^

土の質感の花器に本当に植物が映えますね。

お祖父さまの作られた花器も
斬新でしかもどんなお花も活けやすそう(^^♪

ぶんぶんさんの作品を拝見して
秋がまた楽しみになりました♪

こむぎさんへ

9月の教室が終わりました。
久しぶりで心配しましたが、
みなさんお元気で会えました。

秋はこれから、
夢中になれることがいっぱいです。
私もこむぎさんを見習って集中します。
やっと動き始めます。
さてさて何からやろうかな?

No title

お月見のイメージにスダチのお団子♪
思いつかないですね、爽やかなお月見ですね(^_−)−☆
どの花器も特徴のあるものばかり
お祖父さまも陶芸をされていたのですね
青と茶色、シックでお洒落な組み合わせですね♪

AKKOさんへ

日が短くなって、
散歩の時は虫の声が聞こえています。
秋が来たようでうれしいです。

祖父は早期退社後、陶芸を始めたそうです。
80歳になったとき80個の抹茶碗を、
みんなに配ったんです。
亡くなっても作品が残るっていいですね。
時々は出さなくちゃと思いました。

No title

こんばんは。

今回の花器はほんとどれも存在感がありますね。
そんな花器には個性的な花がピッタリですね。素敵です。

お祖父さまも陶芸をされていたのですか。
ぶんぶんさんの御家族は皆さん色んな才能をお持ちですね。
羨ましいな。

なでしこさんへ

土の物をこんなに使ったのは初めてでした。
運ぶのが重かったですが、
たまにはいいですね。

母方の祖父なんですが面白い人でした。
いつも本を読んでいて何でも教えてくれました。
私が物を作ることが好きなのは、
祖父の影響ですね。
母方には変わった人が多いです。^_^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス