最近の制作と天ちゃんのこと

rps20151029_131426.jpg

今月の金継ぎ教室は、

バラバラに割れたなます皿を接着したものに、

本漆で中塗りをしました。

割れたところの上を塗ります。

少しの割れなら裏表同時にしますが、

これはしばらく置いてからにしました。

時間のかかりそうな修理です。


秋は制作にもいい季節、

こつこつと細かい作業のくりかえしです。

根気だけはありますから、

それもまた楽しみます。






rps20151029_131451.jpg

そして、

陶芸は2か月もお休みしていました。

久しぶりに工房へ行き、

素焼きができていた豆皿に呉須で絵を描きました。

ここで失敗!

絵付けに夢中になって写真を撮り忘れました。

この写真は、

絵付けをしてその上に透明釉をかけたところです。

来月は別の豆皿に蛸唐草を描きたいと思います。




ここへ来て下さってありがとうございます。

2か月休んでいる間に天ちゃんが亡くなっていました。
十河先生がかわいがっていた工房のねこちゃんです。
10数年前、工房に迷ってきた時、
あわててキャットフードを買いに行った先生・・・
それからずーっと、
教室の生徒さんたちにもかわいがられていました。
制作中もひざに飛びのったりする愛嬌のある子でした。
よく空き箱に入っていたなあ・・・
陶芸に行っても会えないのはとてもさみしい・・・

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

天ちゃんに会わないうちに亡くなってたのですね・・・
10数年前から先生のお宅に来ていたのなら
天寿をまっとうできたのかも知れませんが
やっぱり悲しいですね・・・
先生もお寂しいことでしょう

たこ唐草のお皿の金継ぎはなかなか手ごわそうですね
ぶんぶんさん、楽しまれてますね(^_−)−☆

今週末の陶芸で呉須で描くために、、今日、大鉢にタコ唐草の下書きをしたところです^^
タコ唐草の描き方に決まりってあるのでしょうか?
私はいつも自己流なんです(^_^;)


AKKOさんへ

工房の机の上で丸くなってた姿が思い出されます。
天ちゃんはきっといい猫生だったでしょうね。

大鉢にたこ唐草素敵ですね。
私は豆皿なので描けそうですが、
大鉢は根気が必要ですね。
昔から好きな模様なんですけど、
どこから描いていいのか・・・
迷います。
下書きをしたら大丈夫でしょうか。
私ももちろん自己流です。^ - ^

No title

天ちゃんに会えなくなって寂しいですね。
皆さんに可愛がられ
先生のお宅で大切にされて
きっと幸せだったことでしょう。
いつも居た場所が空っぽで悲しいですね。

素敵な豆皿の出来上がりを
また見せてくださいね。

こむぎさんへ

犬に比べたら、
猫ちゃんはいつまでも若く見えます。
いつのまにかおじいちゃんになってた天ちゃんです。

最近ついうっかりが多くて・・・
ささいなことは
笑い飛ばしていきましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス