もみじの永観堂

00220151205suiryuu.jpg

京都の初日、

地下鉄の蹴上駅で下車して南禅寺方向へ向かいました。

紅葉シーズンは観光バスがいっぱいです。




00420151205udonn.jpg

たくさん歩かなくちゃいけないので、

まずは腹ごしらえです。

偶然みつけたうどんやさん、

娘に京都のおうどんを食べさせたかったんです。




00520151205keirannudonn.jpg

私の注文は、けいらんうどん・・・

ふわふわの卵とじで生姜風味のあんかけです。

熱くてなかなか食べられませんでしたが、温まりました。

これは風邪の時とかにもよさそう、

京都のおうどんは柔らかくてやさしいです。




02820151205tahoutou.jpg

その後、永観堂へ行きました。

ここが今回私が行きたかったところ・・・

(お互いに1か所だけ行きたいところを決めました)

もみじの永観堂として有名です。

紅葉のピークは過ぎていましたがまだ見られましたよ。

遠くに見える多宝塔へも上りました。




02320151205momiji.jpg

感動は言葉にならなくて、

ただただ歓声をあげるばかり・・・




rps20151205_14293420151205-a.jpg

絵のような背景です。





01620151205amidadou.jpg

阿弥陀堂です。

みかえり阿弥陀様に会えました。

穏やかな微笑みをたたえた、

やさしいお顔・・・


この旅のいちばんの楽しみでした。

願いが叶って満足です。




ここへ来て下さってありがとうございます。

娘の行きたかった場所は伏見稲荷、
翌日早くから向かいました。
外国の方にも人気らしくて、
早くから大勢来られていました。
修学旅行生もたくさん・・・
場所によって、
ずいぶん混雑加減が違います。

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

コメント

No title

京都に来られていたんですね。
今年は何故か私、紅葉に縁が無かったわ(^_^;)
奈良の隣で、こんな素敵な紅が見られるなんて!
ホント!額縁におさまった素敵な紅葉だわ。
お嬢さんとの2ショット写真も素敵!!

No title

秋の京都ですね~~♪
永観堂の紅葉は見事ですね
観光客は多かったでしょうが、多宝塔まで行くと少しは人が少なくなったでしょう?
一ヶ所ずつ行きたい所を決めて、ゆったり巡られたのですね
急がない素敵な旅です(*^―‘)b

ゴル子さんへ

紅葉が残っていてよかったです。
暖かかったり寒かったりで心配していました。
仏像を観るなら奈良ですね。
もう何年も行ってません。
ゆっくり仏像巡りしてみたいです。

AKKOさんへ

翌日は行くところがあったので、
あまり時間がなかったんですよ。
でも永観堂に行けましたから充分です。
秋の京都は人もいっぱい、
紅葉を求めて世界から大勢来られていました。
さすが京都!

一休亭の常連です。

ぶんぶんさん、こんにちは。
「京の道 今日の道」という道ブログを運営している者です。

南禅寺や永観堂、哲学の道に行くときは
この一休亭に寄ることが多いです。
こちらは京都ならではのうどんが一通りあります。
そういう店も、京都市内にも数軒しか残っていません。
ウチの母もここが大好きですが、
今年(2015年)はここに111月23日に行ったときは
満員で入れませんでした……

ぴのぴなさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。
偶然でしたが私たちは、一休亭に入れて幸運でしたね。
この日も4,5人並んでいました。
京都のおうどんは讃岐とはまた違ったやさしい味でした。

京都は学生時代に下宿した思い出多いところです。
それでも知らないところばかり、
ぴのぴなさんのブログをゆっくり見せていただきますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス