瀬戸内国際芸術祭 豊島(てしま)へ

rps20161027_112824.jpg

三年に一度の瀬戸内国際芸術祭、

春会期・夏会期が終わり今は秋会期です。

友人とふたりで行ってきました。


宇野港から高速旅客船で唐櫃港に着きました。

豊島は直島と小豆島の間にあります。




rps20161027_112930.jpg

まずは小さなバスに揺られて、

豊島美術館へ行きました。

この平らな建物が作品です。

靴を脱いで入ると空や森も見える広い空間です。

ひんやりした床には水が転がるように動いています。

ふたりで寝転んだり、

目を閉じていろいろな音を感じました。




rps20161027_112852.jpg

美術館の前には棚田が広がっていました。

秋桜や収穫を待つ稲がきれいでした。

その向こうには瀬戸内海です。




rps20161027_113049.jpg

曇りがちなお天気でしたけど、

時々晴れ間も見えました。

徒歩で移動して集落へ向かいました。


瀬戸内の島では柑橘類の栽培が盛んです。

ここ豊島でもたくさん見かけました。

中でもレモンは有名だそう、

檸檬ホテルという宿泊施設のレモンの木です。

レモンの実は小さいときからレモンの形・・・

かわいいですよ。




rps20161027_113015.jpg

お昼ご飯を予約して、

ささやきの森へ向かいました。

集落から離れていて、

森へどんどん入っていきます。

最後はこんな道を進みました。

何か動物が出てくるんじゃないかと、

どきどきしました。




rps20161027_115134.jpg

棒の先に金属製の小さな風鈴、

森の奥の方までたくさん並んでいます。

風が吹くといっせいに響きます。

けっして大きな音ではなくて、

いつまでも聞いていたくなるような音・・・

本当にささやいているようです。

風鈴の下に透明な短冊がついていて、

大切な人の名前を残すこともできるそうです。




rps20161027_113103.jpg

お昼は島キッチンで食べました。

豊島の食材を使って、

豊島のお母さんたちが作ったメニューです。

一番おいしかったのはご飯、

棚田米なのかもしれません。

暑かったので生ビールも・・・最高!





ここへ来て下さってありがとうございます。

昔は産業廃棄物の不法投棄で知られた島、
それが環境再生の取り組みと瀬戸芸で、
アートな島になっています。
外国からもたくさんの方が訪れていました。
とてもうれしいです。
瀬戸内国際芸術祭は11月6日(日)まで、
豊島以外でも、
多くの島で開催されています。

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

コメント

秋の豊島いいですね。。

ぶんぶんさんへ

2か月前の夏の豊島の思いでが
よみがえってきましたー。

内藤礼さんの豊島美術館
いいですよね
自然のコテージにいるときの感覚に近い感じがします。
すぐには感じないものの気配が
そこにしばらくいると見えてきたり。。

ぶんぶんさん島時間をありがとうございます。
すだちは箱で買って楽しんでまーす。

No title

ぶんぶんさんには「芸術の秋」がぴったり!
私は「食欲の秋」です^^
あ、秋と言わず年中です^^;

和音さんへ

和音さんのように、
いろいろ行けなかったのが残念です。
豊島は行くたびに変わっていて、
来たかったところです。
普段からのどかなところに住んでるくせに、
いいなあ~なんて思いましたよ。
海は広くて大きくて、
受け止めてくれますよね。
だから、また来たくなります。

ベーママさんへ

そうですか?
そう言われるとなんかうれしいです。

どこへ行っても、
その場所のものは美味しいです、
食欲の秋ですね。
お魚もお米も野菜も、
ふつうなんだけど特別の味です。
たくさん歩いたのもよかったのかも・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス