母の少し寂しく、うれしい日

木曜日から高松へ行ってました。

実家へ入るとあちこちに花が・・・、

お別れ会でいただいたそうです。

母は、リハビリセンターの絵手紙講師を3月でやめました。

何年か前からはしんどい時もあったようですが、

後任が決まってほっとしたようです。


rps20170409_105914.jpg


最後にセンターを出るとき、

生徒さんや職員の方たちが見送って下さったそうです。

手が不自由な方が作ったコサージュをつけて、

サプライズでみなさんから花をいただいたそうです。


たくさんの花を抱えた車の中は、

まるで夢を見ているようだったそうです。

「まさか83歳になって、

こんなうれしいことがあるとは、

卒業式みたいやねえ・・・」


看護師だった母が最後までやめられなかった教室でした。

手足や言葉が不自由でも、

絵手紙には自由な発想と表現があふれていました。

私はいつも見せてもらって、

こんな絵が描けたらなあと思いました。





ここへ来て下さってありがとうございます。

今回は2泊3日でゆっくりしてきました。
母との買い物や、
同じ職場だった友人とランチもしました。
いつものプチ同窓会は、
友人の出版祝いでもありました。
来年のお正月に予定している、
同窓会準備も始まります。
今年も忙しくなりそうです。

↓どちらか、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

リハビリセンターでの講師をされていたから、一層感慨深かったことでしょう
いつも感心するばかりの見事な絵手紙
これからも生活の中で描き続けて、潤いのある毎日を過ごされますね
お疲れ様でした(*v.v)

AKKOさんへ

運転ができるわけでもなく、
体調も良かったり悪かったりで、
娘としては心配でした。
それでも好きなことを続けるのは、
生きがいみたいになるようです。
生徒さんから逆に力をいただいてやってこられたと思います。
夢中になれることがあることは、
老後の生活にとても大切なんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
肩の力が抜けて、自分らしく暮せるようになりました。
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス