FC2ブログ

電話で話す大切さ

rps20180925_104538.jpg

過ごしやすくなりました。

秋の花が描きたくてリンドウにしました。

ハナの写真の横にあったもの・・・

お花だけは切らさずに飾っています。




毎週日曜日の朝9時くらい・・・

大阪の義父から電話があります。

5分か10分くらい話します。

通院のことや食事のこと・・・体調や昔の話もします。

娘じゃないから遠慮もあるのか、

長電話はしません。

最後は必ず「ありがとう」と言います。


義父は6年前に義母を亡くして、

介護付きの高齢者住宅にいます。

外見はマンションという感じ・・・

食事や医療も受けられます。

ここにヘルパーさんが来てくれて、

買い物やお風呂の世話もしてくれます。


入居するときは心配もしましたが、

明るくて深刻にならない性格がよかったようです。

ただ話し相手がいないのが退屈だといいます。

ヘルパーさんがこない日曜日は、

私と電話で話すのが習慣になりました。


義父は90歳になります。

「補聴器なしで聞えているのはすごいよ」って言ったら、

うれしそうでした。





ここへ来て下さってありがとうございます。

義父の自虐ネタは、
「まだ生きてんねん・・・」
父はもういませんから、
長生きして欲しいです。
私もやっと義父や母からの電話を、
聞く余裕ができました。
電話くらいしかできないけどね・・・
仲良くやっていきましょう。


↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村











スポンサーサイト

コメント

No title

お義父さん、しっかりされていて嬉しいですね♪
男の人はお喋りではないけれど、やはり会話のない生活は寂しいものでしょう
毎週のお嫁さんとの会話を楽しみにされているのでしょうね
義理でも娘と同じですから(*^―‘)b

AKKOさんへ

ありがとうございます。
おおらかな性格はうらやましいというか、
見習いたいことです。
息子ばかりだったので、
私や弟嫁にいつもやさしくしてくれました。
微妙な遠慮がお互いにいいようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外で小さなしあわせ探しの日々
金継ぎ・絵手紙・陶芸など夢中になっています。
ゴールデンレトリバーのハナは2018.8にお空へ
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス