手術できなくなりました

rps20180521_172001.jpg

ハナの手術前にやっておくこと・・・

桃の袋掛けは土曜日に済ませました。

昨日はハナをシャンプーしました。

ドキドキしながらも、

手術の日をなんとか元気に迎えるはずでした。




rps20180521_171933.jpg

今日は血液検査とエコーをしました。

ステロイドと抗生物質を10日間飲みましたが、

貧血は改善されるどころか悪くなっていました。

しかもガツガツしているのに体重が減っている・・・

このまま手術をすることは危険という判断です。


準備をしてきたのでショックですが、

しかたありません。

ハナはふつうに見えるのに、

肥満細胞腫も肝臓の腫瘍も攻撃をやめてはくれません。

これからは内科治療をメインにやっていくことになるでしょう。




ここへ来て下さってありがとうございます。

正直がっかりでしたが、
ハナは入院がなくなってよかったかも・・・
あかんたれですから・・・
どちらにしても延命のための治療です。
気持ちを切り替えていくしかありません。

はーちゃん、がんばろう!
明日からレバーを食べようね。

↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村













薬が増えました

rps20180510_165543.jpg

20日ぶりに血液検査とエコーをしてきました。

ALPは相変わらずですが、

肝臓にも腫瘍があるのでしかたありません。

少し貧血気味なのが心配です。

エコーで見た肝臓の腫瘍は、

血が滲んだような箇所が少なくなっていました。


手術は23日の予定です。

今までの胃薬と肝臓の薬に加えて、

ステロイドと抗生物質がプラスされました。

10日後に血液検査して手術ということになります。

お腹の表面の肥満細胞腫を切除することと、

肝臓の腫瘍も見てもらいます。



rps20180510_165633.jpg

肥満細胞腫とわかったときは、

手術もできない状態でした。

パラディアが効いてくれたおかげです。

手術の不安はありますが、

今は悪いモノを取り除いてあげたい・・・

ハナがふつうにしている今だから、

できることのように思えます。






ここへ来て下さってありがとうございます。

私の不安な気持ちは、
ハナにはたぶん気づかれていません。
それがいいのです。
手術をしても完治しないことはわかっています。
じゃあなぜ?という意見もあるでしょう。
うまく言えませんけど、
最後までハナらしくいて欲しい・・・
後悔しないように、
やれることをやってあげたいのです。

↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



















突然元気がなくなりました

rps20180428_102330.jpg

連休が始まると混雑するからと、

公園に出かけたときのこと・・・・

暑くもなく寒くもなく、気持ちいい日でした。

広い場所に来るとクンクンと嗅ぎ回ります。

しっぽを立ててうれしそう・・・




rps20180428_102251.jpg

広い公園を休憩しながらゆっくり歩いて、

30分くらい経ったとき立ち止まりました。

しっぽは下がりこの表情・・・

しばらくは動けませんでした。

家でこんなふうになったことはありましたが、

外でなるのは初めてでした。




rps20180428_102229.jpg

家に帰ってからもこんな感じで・・・

ご飯を作っても寄っても来ない、

ありえないことです。

少ししてから食べてほっとしました。


その後もだらーっと横たわって・・・

3時間くらいでいつものハナの顔になりました。

よかった・・・





ここへ来て下さってありがとうございます。

薬をもらいに言ったとき先生に言いましたが、
想定内という感じ・・・
肝臓の腫瘍の大きさを思うと、
そうかもしれません。
なんともないというほうが、
むしろ不気味にさえ思うのです。
こんなことが増えていくんだろうなあ・・
肝臓って怖い

↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村




前を向いていこう・・・

ハナの検査はいつも午前中に行きます。

血液検査と腹部のエコーが終わったら連れて帰って、

午後から結果を聞きに行きます。

先生が検査後に抗がん剤の説明をするので、

どうして手術の話が出ないのか疑問でした。


血液検査は肝臓の数値はまずまず、

貧血も改善されて出血もしてないでしょうということでした。

エコーで見る肝臓の腫瘍は最初に比べたら小さくなっています。

でもどんどん小さくなることは望めないようです。

パラディアが効いていることはうれしいことですが、

お腹から転移した肥満細胞腫らしいということ。

そして今効いているパラディアもいつか限界がくるということ。

どうやら肝臓の腫瘍がより怖い状態のようです。

なので、

お腹の肥満細胞腫だけ手術しても意味がないことらしいのです。

最後は飼い主さんがどう考えるかですと言われました。


ふたりで話し合って気持ちは決まっていましたから、

手術をお願いして予約しました。

お腹の肥満細胞腫の切除と肝臓も見てもらいます。

もしかしたらそのまま閉じることになるかもしれません。

そうなっても、その後の内科的治療のためになるそうです。

午前中抗がん剤の話をされていた先生の真意がわかりました。


rps20180421_102921.jpg
病院から帰るといつもぐったりです



最後に聞いてみたかったこと・・・

手術をしてハナはどのくらい生きられますか?

それは今はわかりませんが、

来年の春くらいまで、

このくらい元気でいられるように治療しています。



一年か・・・・・わかっていたけれど、

うれしいような悲しいような複雑な気持ち・・・

前を向いていこう







ここへ来て下さってありがとうございます。

手術の日が決まりました。
10歳になるハナが手術をすることの不安、
一年を長いと思うか短いと思うか・・・
手術をしない選択もありましたが、
それで長く生きられるとは思えないし、
少しでも苦痛になるものは取り除きたい・・・
そして最後までハナらしくいてほしい

↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



















かわいいおばあちゃん?

rps20180411_100516.jpg

先月10歳になったハナ・・・

人間だと75歳だそうです。

顔も白くなったし寝ている時間も増えました。

今でも夫と遊ぶ時間を楽しみにして、

ボールをもって待っています。






rps20180411_100446.jpg

毎日じゃありませんが、

少しおもらしをするようになりました。

夜だけマナーホルダーをしています。

ビキニみたいで、

ちょっとかわいいのです。





rps20180411_100401.jpg

ふと見たらボールが頭に・・・

そのまま寝続けるハナでした。


老犬ならではのかわいらしさって、

ありますね。





ここへ来て下さってありがとうございます。

毎日ガスターとウルソ、
一日おきにパラディアを飲んで、
3週間おきに血液検査をしています。
結果も少しずつですが良くなっています。
ご飯もよく食べて嘔吐もありません。

パラディアは肝臓には効いているようです。
肥満細胞腫が小さくなったらうれしいのですが、
私が触ってみてもそれは違うようです。
来週の検査で手術へとなったらいいのですが・・・

↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村







プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
岡山市郊外でゴールデンレトリバーのハナ(2008.3.22生)と3人?暮らし。
金継ぎ・絵手紙・陶芸など夢中になっています。
肥満細胞腫と上手く付き合っていけたらいいなあ・・・
お気軽にコメントなど残していただけたらうれしいです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス